泥酔の同僚を送る帰りの車の中で中出ししてしまった体験談

先日、会社内で飲み会があり

同僚のKちゃんが呑み過ぎて意識不明になり、

なりゆきで僕が車で家まで送る事になった。

Kちゃんの家はクルマで20分ぐらいの場所にあり

送っている最中に道が分からなくなったので

後部座席の彼女に道を尋ねると返事がない。
のぞいてみるとぐっすり眠り込んでる様子。

この日の彼女はジーパンに上はビビットカラーの

キャミソールで胸元からほんの少しのぞいてる

白くふくよかな胸元が何とも色っぽく見えた。

一瞬ドキっとして何とかならないかと考えた。

まず路肩に車を止め彼女の肩を強く揺すってみたが

全然起きそうもないので恐る恐るキャミの上から

ふくよかな胸に触ってみたがまったく反応がない。

調子に乗って胸元から手を忍ばせて

おっぱいをじかにもんでみた。

サイコーにやわらかく

意外と大きなサイズである事がわかってビックリした。

次はベルトを外してジーンズをゆっくりと脱がし、

太ももの柔らかい感触を楽しんだ。

パンティーの上から彼女の秘部をもてあそび

彼女の表情を眺めていたが

依然としてスヤスヤと寝息をたてている。

そこで近くにあったひと気のない公園の駐車場に車を止め、

憧れの彼女に悪戯をすることに。

まずシートを倒し足を一杯まで開かせて

太ももやお尻の割れ目に指をはわせて

その感触を堪能した。

普段からイメージ的に黒の下着を想像していたが

実際には白色だったパンティーをゆっくりと脱がせてみた。

Kちゃんのオマンコは意外と毛が薄く、

その奥にピンク色のクリトリスが見え隠れしていた。

Kちゃんが目を覚まさないか気にしながら

ゆっくりと指を入れてみると

中はとても暖かく締まり具合もよさそうな感じがした。

僕はオマンコに顔を近づけて、

その秘めたる部分を舌で舐めたりして

30分ほど時間を掛けて楽しんだ。

クリトリスを激しく舐めたり吸い付いたりして

左右のビラビラを咥え思い思いに吸い付きまっくった。

こんな事されているとは知らず

依然としてKちゃんは熟睡しており、

今度は警戒しながら胸を開けると

Dカップぐらいの形のいいバストが現れ

両手で下から揉み上げて乳首に吸い付いた。

無反応なKちゃんを横目に

中指でKちゃんの秘めたる部分をゆっくりと広げてみた…

糸を引きながら広がった入り口はヌラヌラと、

明らかに僕の唾液と違う液が溢れ出し入り口を濡らしている…

我慢も限界に来ていたので僕はペニスを

Kちゃんのオマンコに挿入するコトにした。

コンドームの持ち合わせがなかったが

こんなチャンスはめったにないので生で挿入する事にした。

傍らにKちゃんのバックが置いてあって

Kちゃんならいつもゴムを持ってそうだなと思ったが

何となくバックの中を探す気持ちにはなれなかった。

寝てても感じるのだろうか?

もう我慢汁でパンツが濡れてる息子を取り出すと

「Kちゃんゴメンッ」

とつぶやき静かに亀頭を入り口に当てがうと挿入し始めた…

Kちゃんのアソコはゆっくりと広がり、

僕の亀頭を包み込んで行く…

中は凄いヌルヌルで温かく、無反応なのに

たまに膣内がキュッキュッと締め付けてくる…

Kちゃんの中は窮屈で暖かく、

いっぺんに頭の中が真っ白になった。

半分まで入った所で、もう逝きそうな僕・・・

慌てて根元まで入れると、間髪居れずに突き始めた。
var addeluxue_conf = {site:536445314,frame:26,width:300,height:250,color:[“999999″,”FFFFFF”,”2200CC”,”F25D5D”,”671F28″],host:’adv.addeluxe.jp’,ver:1.5};

後部座席のシートがギシギシと音を立て、

力なく眠り続けるKちゃんの身体がユサユサ揺れている…

アソコからはグチュ、グチュ、チュパと

突く度に車内に広がる音が車の外にもれないかと

変な心配をしながら突き続けた!

Kちゃんのオマンコは少し小さく

何度か抜き差ししながら少しずつ奥へ奥へと入っていった。

ほぼ根元まで入った僕のペニスはKちゃんの体温と

ギュウギュウと締め付けられる感じで少しでも腰を動かすと

簡単に射精しそうになった。

僕のペニスを締め付けるKちゃんの秘めたる部分はとっても温かくて、

その温もりはただつながっているだけで

幸せな気分がこみ上げてくる。

そして僕は腰は動かさず

ひたすらKちゃんのふくよかなおっぱいを愛撫しまくりました。

射精するのがもったいなくて

少しでも長くKちゃんの中に居たかった。

しばらくKちゃんの中でペニスを軽くこね回してると

マンコの入り口から奥にかけてペニスが締めつけられて

精液が吸い取られていくような脈動を感じて

僕はいっそう強くKちゃんを抱きしめた。

そして・・・

あぐらをかいた僕の上に彼女を座らせ、

彼女を僕に抱きつかせる体勢をとると

下から力いっぱいに突きまくった。

突くたびに彼女の口元から寝言のような

小さな「うっ、うっ」とうめき声がもれてくる。

夢の中でエッチしてる気分にでもなってるのだろうか?

何度も何度も突いてるうちに彼女の秘部からは白い液体が

大量にあふれてきて僕のペニスと彼女のオマンコは

僕と彼女の混ざり合った愛液で

あっとゆうまに濡れ濡れ状態になっていた。

Kちゃんは夢の中でも感じているのだろうか?

彼女の夢の中で彼女を抱いているのは誰なのか?

かなり気にはなるが気にした所でどうしようもなく、

彼女を愛おしく思う気持ちだけが爆発して、その分、

彼女のオマンコを突きまくる挿入の動作は

よりリズミカルになり調子にのった僕は

彼女が目を覚ます危険も忘れて突きまくった。

逝きそうになったら動きを止めたりして、

少しでも長く彼女とつながっていたかったが

20分弱ぐらいで限界がきて何を思ったのか

彼女の子宮の中に思いっ切り精液を発射してしまった・・・

中にいれたままの状態で余韻を楽しんでいると

またすぐに復活しピストン再開し、

20分ぐらい時間をかけてまたまた中出しした。

一方的なSEXが終わって後の処理も丁寧に済ませ、

服装も元のままの綺麗な状態にして寝たままの彼女を家まで運び、

「○○さんがかなり飲み過ぎてしまって…」

と彼女を家族に預けて僕は家路につきながら、

こんな事は一生に一度だけだと感動しっぱなしでした。

翌日、

何事もなかったかのように出社し

社用で彼女の部署に電話をして恐る恐る様子を探ったが

Kちゃんは普段と変わりなく落ち着いた雰囲気で僕に

「あ、○○さん、おはようございま~す」

と和やかに接してくれて

ホッと胸をなでおろしたが、一つ心配なのは…

彼女の妊娠だ…

Comments are closed